英語 表演

英語の表現

英語で表現をするという場合にはなかなかすぐに思いつく場合もありますが、日本語から英語で表現する場合に、なんと言えばいいのかわからないことってありませんか?英語の表現がわからないとうまく相手に伝わらなかったりしますから残念ですよね。私もネイティブの人と英語で話をしていた時に、英語での表現がわからずにうまく伝えることが出来ずに悔しい思いをしたことがあります。そんなに大きなことでなかったとしても、たとえば英語で表現できなければそれ以後の会話が続かないということもありますから、英語の表現方法を覚えておくというのはとても大切なことですよね。英語の表現は日本語から英語に訳すと気にこんな時どう言ったらいいのかということになりますが今はインターネットで英語の表現方法を調べることが出来ます。スペースアルクのホームページにも英語表現でこんな時どう表現すればいいの?ということが掲載されているのですが、いろいろと日常生活で出てくる言葉でこんな時どう表現すればいいのかわからないという言葉をあいうえお順に掲載していますから困ったときにすぐに調べることが出来ると思います。私もネイティブの人と話をしていてやりがいがあるということを伝えたかったのですが、結局その時に「やりがいがある」という言葉を英語で表現することが出来ませんでした。また「いただきます」という言葉も英語にはないんですよね。これを表現することにも困ったことがあります。 英語の表現に困ったら、まずはインターネットなどで調べてみるといいかもしれませんね。直訳すると変な文章になりがちですが、日本語の言葉にぴったりの英語の表現方法が見つかるかもしれません。そんなに大した言葉でなかったとしても、相手に伝わらないというのは少し悲しいですよね。相手に上手に伝えられるようになるためには、日常表現の英語を少し勉強しておくといいかもしれませんね。こどわざや慣用句を英語表現したものがインターネットで一覧になっていたり、日本を紹介する際に便利な表現集などを掲載しているサイトなどもありますから、インターネットを活用して上手に日本語を英語で表現できるようになればいいですね。これといった言葉がない場合も、いろいろと表現集などを探しているとぴったりの言葉が出てくるかもしれませんから、少し根気よく探してみるといいかもしれません。普段何気なく使っている言葉から、慣用句まで、英語表現に困ったら調べて覚えていくといいでしょう。

理解してもらう英語

大勢の人に理解してもらう英語が話せるようになるということは、なかなかスムーズに進むことではありません。自分が英語を話していても、なかなか相手に伝わらない、うまく表現できないということになれば、イライラしたり、どうすればいいのかわからず、もどかしい気持ちになるという人も多いのではないでしょうか。そんなイライラしたり、つかれる英語を話しているようでは、まだまだ英語が理解できているとは言えません。誰が聞いても誰に聞いてもらっても、理解してもらえる英語を身につけること、それが大切なことなのです。ではどうすればいいのか、それは、まず正しい英語を話す練習が不十分なのではないでしょうか。例えば、先生やクラスの生徒全員が単語のスペルも意味も理解しているのに、発音が違っていれば、それは英語を話す人には通じない英語ということになっています。スペルも意味もわかっていて、最後の発音で躓いてしまっているのでは、もったいないですね。理解してもらう英語というのは、つまり発音の綺麗な英語ということになるのではないでしょうか。ネイティブスピーカーと英語で話す際には、発音がいかに綺麗であるか、ネイティブに理解してもらえる発音であるか、それが大切なことです。では発音を治す方法としてはどうすればいいのでしょうか。それは、ネイティブの英語を身につける、それしかないですね。英語のラジオを聴いたり、映画を英語で見たりして、自分の発音との違いを比べて、少しでもネイティブの発音に近づけことそれが大切です。最初はなかなか相手に通じない、理解してもらえない英語しか話せなくて、困ったという経験をした人も多いと思いますが、今はインターネット上でスカイプを使えば、ネイティブと会話をすることも可能ですし、チャットもできますから、正しい英語を身につけることはそれほど難しいことではありません。誰にでも理解してもらえるような英語を話すことが出来るようにするためにも、発音には力を入れて、通じる発音をするようにしましょう。そうすれば、イライラしたり、通じないことでストレスがたまるようなこともなく、スムーズにネイティブと話をすることが出来ます。語学力も単語力も表現力も大切ですが、何といっても発音が上手で綺麗でなければ、通じませんから、通じない英語を話していても意味がありませんので、誰が聞いても理解できる、通じる英語を話すようにしましょう。 おすすめは、『ライザップイングリッシュ 日本橋』です。

英語の略語

英語の略語というのは意外と色々とあるということをご存知でしたでしょうか?たとえばブランドの名前にもなっているのですがOXOXという英語の略語がありますが、これは何を意味しているのかご存知でしたか?まったく見たままで読み取ることが出来ないのですがこれはHug&kisses;という言葉を略している英語なんですね。他にもワイ金はメールやチャットなどでも英語の略語を利用している人というのは多いようですが、LOLという言葉は何の略だかわかりますか?これは英語で大声で笑うという言葉を略している言葉です。Laughting Out Loudを略してLOLという英語で表現しています。他にもサヨナラ、またねという言葉の英語の略語としてはB4Nといった感じで書きますし、わかったよという英語の略語はI seeからきてICとい略語になっています。返事がすぐに欲しい場合のメールなどでよく見かける英語の略語の一つに「WBWSAP」という略語がありますが、これはWright Back As Soon As Possibleという「すぐに返事をちょうだい」という意味の略語になります。英語の略語を覚えておくことでネイティブとのメールのやり取りやチャットのやり取りの際にわずらわしく一文を打つ手間が省けるかもしれませんし、もっと楽しくチャットやメールを送ることが出来るかもしれませんね。 他にも、年齢、性別、住まいといったことを略した英語としてASLという言葉がありますが、これはAge Sex Locatuionという言葉を略しています。すごい!という言葉を英語で略すとGR8となったり、これは何となく意味がわかりますよね。愛してるのI LoveYouにおいてはILUといった略語になったりします。すぐに読んで察しがつく英語の略語もあれば、読んでみても察しがつかない英語の略語などもありますから自分で少し色々と考えてみないといけないこともあるかもしれませんね。英語でメールを送ったり、英語でチャットをよくすることがあるという人は、英語の略語を覚えておくといいかもしれませんね。かなりの数があるので覚えるのに時間がかかってしまいそうですが、英語の略語を使っているうちに、きっと自然と使えるようになるのではないでしょうか。英語の略語がすらすらと出てきて使えれば、英語が話せる話せないにかかわらずちょっとカッコいいと思いませんか?普段のブログやメールなどにも英語の略語を利用しているという人も今は増えていますから使ってみると勉強にもなりますし、いいかもしれませんね。英語の略語一覧をサイト上で紹介しているものもありますから利用してみるといいでしょう。
page top