英語 言ってはいけないフレーズ

流暢な英語

流暢に英語を話せれば素敵ですが、なかなか流暢に英語を話すというのは難しいことですよね。流暢な英語を話すためのコツについてここでは紹介していきたいと思います。まず一つ目としては、英語のレベルが低かったとしても、自信を持って英語を話せばなんとでもなります。流暢な英語を話すためには、リスクもありますし勇気もないといけません。間違っていたとしても、自信を持って話せば、相手に伝わるものです。そして流暢な英語を話すためには単語を覚えるだけでなく、フレーズや文章そのものも覚えておきましょう。そうすることで、単語の意味や文章の中でどうつながっているのかどうかなどもわかってくると思います。そうして覚えた単語というのは実際にネイティブと話をする際にも活用させることが出来るのです。流暢な英語を身につけるためには、英語のテレビやラジオなどを見たり聞いたりして、何を相手が言っているのか、詳しく分析する必要があります。英語の中には沢山の慣用句が使われていますから、慣用句で分からない言葉や、新しく出てきたものなどは、単語をノートに書いて一つずつ覚えておくと、実際に英語でコミュニケーションをとる際などにも、その慣用句のフレーズをそのまま使うことが出来るので、良いと思います。後からノートを見直してみると、今まで覚えた慣用句がしっかりと頭に入ると思いますから、それがさらに自分につながるのではないでしょうか。英語で流暢に話せるようになるためには、英語を一緒に話してくれる人を探すのがいいですが、なかなか日本に住んでいて、普通に生活をしていると、英語を話す機会はありません。そういった場合には、大きな声で本を読み、英語の歌を歌うなど、色々と工夫して、毎日の中で英語を口に出して言う機会を作ることが大切です。英語が流暢に話せるようになった人の多くが、ネイティブの発音をそのまま真似して、少し大袈裟にイントネーションを言ったりしたということが挙げられます。日本人はシャイな性格ですから、イントネーションもあいまいなことが多いですが、ネイティブのまねをして、スピードや、イントネーションを言えるようになったら、よりネイティブに近い発音も身についてきますから、それが、英語が流暢に話せることにつながるのではないでしょうか。すぐに流暢な英語を話すことは難しいと思いますが、自然に話せるようになるまで何度も色々と試して、ネイティブにより近づけるように努力するといいでしょう。

英語の読み方

英語の読み方についてですが、発音が上手にできないと思っている人の多くは発音が悪いというよりも、英語そのものの読み方を間違えてしまっているという人が多いといわれています。発音がわるいとばかり思っていた人はこれから先正しい英語の読み方をしてみればきっと発音もきれいになるのではないでしょうか。英語の読み方というのは意外と簡単で一度覚えてしまえば、きっとそれ以後の英語がスムーズに読むことが出来るようになるでしょう。英語を読むとき、どうしても日本人はローマ字読み、カタカナ読みしてしまうことが多いです。これは日本人なので仕方がないことなのですが、カタカナ読みがそもそも英語の読み方を邪魔している、影響を与えているといわれているのです。カタカナ読みをしてしまうと、一度そう読んだら、正しい発音を聞いても、正しい読み方をしても、カタカナで読んでしまいたくなってしまうものです。なかなかいきなり言われても難しいかもしれませんが、カタカナ読みを忘れた方がいいかもしれませんね。そうすればスムーズに英語の読み方で正しい読み方を耳から入れることが出来るようになると思います。 英語の読み方をこれからきっちりと勉強していきたいと思っている人はローマ字で見たまま読むという方法を忘れて、カタカナでまず読んでしまうという方法も忘れましょう。英語を英語として読む、これが大切なことです。ネイティブと話していても英語を自分は話しているつもりなのに、なぜか通じないということもあると思います。せっかく話しているのに通じないなんて悲しいですよね。発音が悪いから通じないと思っている人は、正しい読み方が出来ていないから通じないのです。正しい読み方をしてもう一度チャレンジしてみてください。そうすればきっと通じます。私も以前ネイティブの方とディズニー英語について話していたのですが、アラジンが通じなかったんです。アラジンってカタカナ読みしていたのですが、確かにスペルを見るとアラジンではないんですよね。結局のところ、身振り手振りのジェスチャーで何とかアラジンだということが通じたのですが、正しくは「アラディン」とった感じの発音になっていました。このように、読み方を間違えてしまうと、通じると思っていた英語もいくらイントネーションや発音を日本語ではなくて英語よりにしたところで通じないものは通じません。英語の勉強をしているのに全然通じないという人は、読み方に注意してみましょう。英語の読み方に自信がついたら、英会話スクールに通ってみるのもおすすめです。『ライザップ英語 渋谷』など、ライザップがプロデュースしている英語スクールでは、無料の実力診断チェックが受けられますよ。

英語で言ってはいけないこと

英語には言ってはいけないタブーなことがあります。もちろん日本語でも、言ってはいけないことがあるのと同じですから、どんな国でも言ってはいけないことはあります。年齢であったりお金のことであったり、色々とあると思いますが、英語では言ってはいけないことがありますので、注意しましょう。まず、体型については、万国共通です。英語で人に対して太ったというような表現をするのは避けましょう。体重に関しては相手が話題に出してこない限り英語で話をするということはいけません。そして妊娠したのかわかっているときにはいいのですが、まだ微妙な時などに、妊娠したのかと英語で聞くと失礼ですから、聞かないようにします。英語だから聞いてはいけないのではなくて、もちろん日本語でも同じです。英語も日本語もタブーとされていることはほとんど同じです。女性に対して年齢を聞くことは英語でもタブーに当たります。子供に英語で年齢を聞くのはいいと思いますが、英語で聞くのは失礼にあたりますから注意しましょう。また日本語で顔色が悪いというようなことを英語で聞く場合には、調子が悪く見えても、そのままストレートに聞くのではなくて、気分は大丈夫なのか?と聞いてみた方がいいと思います。その方が相手も不快感を与えません。英語を勉強し始めて間もない人というのは、英語の使い方がまだ上手ではりませんから、どうしてもなんだか、回りくどい表現になってしまったり、タブーとすることを平気で聞いてしまったりするものですが、やはり日本語でも英語でも、タブーになることはほとんど同じですから、聞いてもいいことと悪いことについては良く理解した上で、英語で相手に話しかけるようにしましょう。日本人もたいがいストレートに聞きませんが、英語の表現がまだ定着していないという人の場合には、なかなか英語を身につけるまでに時間がかかると思いますからうまく表現できないのにもかかわらず、失礼な発言をして相手に不快な思いをさせないようにするためにも、特に英語で相手に話しかける際には、タブー?な質問になっていないかどうか確認した上で口に出した方がいいでしょう。なかなか英語でタブーであるかどうか瞬時に考えるのは難しいですが、基本は日本語とおなじですから、相手や自分にとって聞かれたくないことはいわない方がいいのです。言って日本語ならフォローが出来ますが、英語でフォローすることはできませんのであわてることになりかねません。
page top