英語 現状

英語の発音

 

 

英語の発音がきれいにできるようになれば、もっと英語を楽しむことが出来ると思っている人も多いのではないでしょうか。英語の発音を上手になりたい人は、英語発音サイトがお勧めです。最近は何でもインターネットで調べたり習得することが出来ますが、英語発音サイトを見れば英語の発音が上手になるかもしれません。最近は辞書も英語発音がわかるような電子辞書なども販売されていますし、DSなどのゲームソフトにも英語発音を音声で指導してくれるものなどもあります。英語の発音は日本人の発音と本場の英語を母国語として使っている人の発音を比べてみると、やはり日本人の発音というのは、アクセントが間違っていることが多いといわれていますが、英語の発音のアクセントが違っているだけで英語というのは通じなくなります。英語のアクセントをする際に、カタカナ読みしたままの通りで英語の発音のアクセントをしてしまうと、全く通じない英語になりますから注意した方がいいですね。英語の発音というのは一度見についてしまうとなかなか矯正するのが難しくなりますから、初めから正しい英語の発音を身につけておくということはとても大切なことです。英語の発音でカラオケで歌うときには上手に発音出来ているのに、いざ英語を話そうと思うと発音が全く違っている人がいますが、英語の曲をカラオケで歌う場合には原曲を耳から聞いて発音を覚えています。

 

 

 

しかし私たちが身につける英語の場合は目で見てから発音をあとから付けますから、なかなか正しい発音を身につけることが出来ないといわれていますね。英語の発音は口の形にポイントがあるといれていますから、基礎から英語の発音をしっかりと身につけることが大切です。舌使いとrの発音が英語の発音を上手にするのかの分かれ目ですから、英語教室などで発音をしっかりとマスターしておくことが大切なのではないでしょうか。英語の発音が然りと出来ていなければ、せっかく英語が理解できていたとしても通じないので、意味がありません。海外旅行などへこれから出かける人で英語の発音が不安だという人の場合には、英語の発音を電子辞書に頼るというのも一つの手かもしれませんね。最近の電子辞書は英語の発音をしてくれる辞書もありますから、海外旅行や留学の際に役に立つかもしれません。小さいうちから英語の発音をマスターしておけば大人になっても英語の発音がきれいなまま話すことが出来るようになります。

英語の教科書

 

 

英語の教科書は学校によっても違っていると思いますが、多くの学校は英語の教科書でnew horaizonなどの教科書を使っているところがおおいのではないでしょうか。
英語の教科書は公立と私立の学校では種類が違っていますから、それぞれの学校に進め方なども変わってきます。英語の教科書を始めて手にした時、嬉しかったのを今でも覚えていますが、英語の教科書は中学の場合にはある程度和訳なども載っているかもしれませんが、どんどん英語の教科書も高校となると難しくなってくるのではないでしょうか。
英語の教科書をこれから勉強しようと思っている人はそれに合わせ参考書なども販売されていますから、学校の勉強に沿った家庭学習をしたいと思っている人は、英語の教科書にあった、参考書、問題集を購入するようにしてはいかがでしょうか。
英語の教科書は文法などが掲載されているもの、リーディングやライティング、オーラルコミュニケーションといったように種類も違っていますから、英語の教科書はそれぞれの授業に合わせて使い分けられています。
英語の教科書の内容をしっかりと一つずつ理解していくことで基礎の英語力が身に付きますが、英語の教科書の内容からしてわからないと思っている人は、すでに英語の授業に遅れている可能性がありますから、英語の教科書に沿った自宅学習を進めていくことをおすすめします。
英語の教科書は基礎中の基礎ですから頑張ってついていけるように、家庭学習でも復習予習を頑張って行わなければいけないのではないでしょうか。

理解してもらう英語

大勢の人に理解してもらう英語が話せるようになるということは、なかなかスムーズに進むことではありません。自分が英語を話していても、なかなか相手に伝わらない、うまく表現できないということになれば、イライラしたり、どうすればいいのかわからず、もどかしい気持ちになるという人も多いのではないでしょうか。そんなイライラしたり、つかれる英語を話しているようでは、まだまだ英語が理解できているとは言えません。誰が聞いても誰に聞いてもらっても、理解してもらえる英語を身につけること、それが大切なことなのです。ではどうすればいいのか、それは、まず正しい英語を話す練習が不十分なのではないでしょうか。例えば、先生やクラスの生徒全員が単語のスペルも意味も理解しているのに、発音が違っていれば、それは英語を話す人には通じない英語ということになっています。スペルも意味もわかっていて、最後の発音で躓いてしまっているのでは、もったいないですね。理解してもらう英語というのは、つまり発音の綺麗な英語ということになるのではないでしょうか。ネイティブスピーカーと英語で話す際には、発音がいかに綺麗であるか、ネイティブに理解してもらえる発音であるか、それが大切なことです。では発音を治す方法としてはどうすればいいのでしょうか。それは、ネイティブの英語を身につける、それしかないですね。英語のラジオを聴いたり、映画を英語で見たりして、自分の発音との違いを比べて、少しでもネイティブの発音に近づけことそれが大切です。最初はなかなか相手に通じない、理解してもらえない英語しか話せなくて、困ったという経験をした人も多いと思いますが、今はインターネット上でスカイプを使えば、ネイティブと会話をすることも可能ですし、チャットもできますから、正しい英語を身につけることはそれほど難しいことではありません。誰にでも理解してもらえるような英語を話すことが出来るようにするためにも、発音には力を入れて、通じる発音をするようにしましょう。そうすれば、イライラしたり、通じないことでストレスがたまるようなこともなく、スムーズにネイティブと話をすることが出来ます。語学力も単語力も表現力も大切ですが、何といっても発音が上手で綺麗でなければ、通じませんから、通じない英語を話していても意味がありませんので、誰が聞いても理解できる、通じる英語を話すようにしましょう。注目は、ライザップメソッドの英語スクール『ライザップイングリッシュ』です!今なら無料の英語実力診断実施中!

page top