英会話スクール 東京都内

英語の現状

 

 

現在の英語の現状というのはどのようになっているでしょうか。日本人というのは英語に対しては思い入れがあるといわれているのですが、それは英語の現状がいま悲惨であるからとも言われているのです。英語が話せるような国であれば、英語に関してそれほど思い入れがあるという人は少ないと思うのですが、英語にひときわ思い入れがある日本人、それは英語力がいまいちアップしないことにありました。書店へ行けば英語学習のための書籍が並んでいますし、英語教材の宣伝広告なども雑誌に掲載されています。英語を何とかして上達したいと思っている人が多いというのが現状ですが、実際には日本人の英語の学習能力も低いですし習得率も低いというのが現状です。日本人が英語に対して深い思い入れがあるという理由は英語力が極端に低いことにも原因があるのです。私たちが中学や高校、大学で英語をしっかりと学んだはずなのに、なぜこれほどまでに通用しない英語力なのでしょうか。海外へ行くしか外国人と話をするしか英語の本当の力を学ぶことが出来ない。そんな現状に今の日本はあると思います。日本人の今の英語の状況はかなり悲惨で、今の学習方法を変えなければいけないとかなり数年前から提案は出ていたのですが、結局のところ、英語学習の流れが変わることもなく、現在のように勉強する意味がはたしてあるのかという英語学習になっています。

 

 

 

日本で受ける英語学習のみでペラペラと話が出来るくらいの英語力を身につけるということはハッキリ言って無理に近いですね。日本人で海外ですんでいる人や帰国子女等を除いては、小学生からいくら英語を勉強したところで、それほど今までの英語学習と何ら変わりはないのです。今は幼児学習に目を向けるようにといわれていますが、幼児期から英語の学習を始めることでもう少し今の現状を回避できるのではないかといわれています。早いうちからの英語の学習をスタートさせることが英語学習の悲惨な状況を解消させることになるのではないかといわれてはいますが、それが実践できているのはごく少人数の家庭だと思います。英語の現在の日本の状況はほかの海外から見てみても特に悲惨な状況でお隣の韓国でも、同じように英語学習は進められていますが英語の習得率は日本以上に速いといわれています。やはり日本という国が英語学習を間違えていることから、このように身につかない英語を学ぶことになり、時間の無駄になっているのかもしれません。

 

 

英語の挨拶

 

 

英語の挨拶についてですが、英語でいちばん言いやすいのはやはり挨拶ではないでしょうか。英語が話せなくても笑顔で挨拶をすれば何とかその場は乗り切れる・・・そんなことも言われていますが、英語が話せない場合でも挨拶から徐々に慣れていけばいいのではないでしょうか。日本語でも挨拶にはいろいろと種類があると思います。挨拶をする相手によっても挨拶の言い回しは変わってきますし、挨拶をする時間帯によっても変わってきます。
日本語と同じように英語も相手によっても違っていますし、話す時間帯によっても英語の挨拶は違っていますから十分注意してみましょう。
まず英語の挨拶で基本中の基本となるのが、こんにちは、ハローですが、他にもグッドモーニング、ハイ、グッドイブニング、グッドアフタヌーンといったように時間帯によって言いわけます。英語では基本的なあいさつの後に、元気ですか?といいうことでハウアユーということを聞くことが多いですね。日本ではあまり元気?と挨拶の後に毎回聞くことは少ないのですが、英語の挨拶の場合にはあいさつの後に親しみを感じるために初大変であっても、いうことが多いですね。
英語の挨拶で元気がどうかを聞かれた場合には、日本で勉強していると「FineThankyou」と答えることが多いといわれていますが、実際に日常会話では言わないことが多く、元気?と聞かれたら「Good」と一言で返したりすればいいといわれていますから、それほど堅苦しく考えなくてもいいようです。

英語が1日3分で

英語が1日たったの3分で上達するという方法があれば知りたいですか?英語の上達には何年もかかると思っていた人にとっては、英語が1日に3分で上達していくというのは、忙しい人にとってもうれしいことですよね。毎日たったの3分英語学習を続けるだけでも十分に英語の成果は身についていくものですから、とにかくまずは英語の学習を3分でもいいので始めることが大切です。ではどうすればいいのでしょうか。英語の読解力や発音についてアップさせたいと思っている人は、とにかくネイティブの英語を毎日聞きましょう。毎日違った英語を聞くことで頭の中で刺激されて脳が日本語の脳から英語の脳を作り出します。何度も何度も聞いて理解しながら聴き進める、そして実際に大きな声でその英語を繰り返して復唱するのもいいでしょう。そして新しい単語が出てきたらとにかく発音から、完璧になるくらいに何度も何度も練習しましょう。新しい単語が出てきたときによくあるのが、書いて終わりという人ですが、書くよりもどちらかと言えば、発音を口にして何度も何度も練習することの方が大切です。英語の単語を覚えて発音をその都度覚えていくことは、英語を身につけるためにはとても大切なことです。英語の勉強はたった3分でいいとはいえ、人によっては3分でも中身がない3分を過ごしているかもしれませんが、中身のある3分を過ごして英語を身につけてください。英語と毎日触れるということはとても英語学習では大切なことです。週に1回3時間の英語よりも、毎日の英語の3分という学習時間の方が英語を身につけることが出来ると思います。3分というのは、あくまでも目安ですが自分が出来る時間を利用して学習をすればいいのです。忙しい人でも一日のうちにたった数分くらいなら時間があるでしょう。それがお風呂の時間だったとしても、それが通勤の時間だったとしてもその時間は人それぞれ違っていると思いますがその時間を見つけて英語に触れるということはとても大切なことなのです。英語の学習をスムーズに身につけたいと思っている人は、とにかく自分で時間を見つけて学習することが大切です。それが1日に3分という時間だったら魅力的ですよね。1日に3分、単語一つ、慣用句一つでもいいので、完璧に発音できるようになれば、それだけで英語学習を一歩前進させることが出来るわけです。将来に向かって地道に1日3分学習していくこと、それが大切です。そんな英語漬けの毎日を送りたいなら、英会話スクールに通うのが1番いいでしょう。イーオン、NOVA、ベルリッツなど、数多くの英会話スクールがありますが、注目は、ライザップメソッドの英語スクール『ライザップイングリッシュの英会話 』です!渋谷店、池袋店、新宿店、新宿御苑店があり、どの店舗でも今なら無料の英語実力診断実施中! 英会話でも結果にコミットしたい方、必見です。

更新履歴
page top